my very precious days ーHIROSUE TOMOKO

hirotomo26.exblog.jp ブログトップ

ぶらりロッテルダム

 
a0230008_52828.jpg

 オランダはもう春?! 
 いやいや、まだまだこれからが冬本番です。でも、すっごい綺麗ですよね! オランダ第2の都市、ロッテルダムの路上の花屋さんの花々です。こんなに寒いのに、ちゃんとチューリップも咲いていました。
 今朝はオランダ南部の突端の方にある小さな街、ミデルブルグでたった一つのカトリック教会を探して日曜日の御ミサに与り力を得ました。でも、ミデルブルグの街は日曜はどの店もお休みということでとても寂しく、2時間くらい汽車で戻ってドルトレヒトへ。こちらで出会う人に「毎日違うところに泊まってるの?」とびっくりされることもありますが、この1週間はその通り。午後4時ごろ、ドルトレヒトの駅前の小さな49ユーロの都会的なプチホテルに無事、チェックアウトして身軽になったのをいいことに、「どうせならロッテルダムに行こう」と繰り出しました。汽車の中で気づいたのですが、ドルトレヒトーロッテルダム間はたった一駅なんです。
a0230008_5464569.jpg

 駅を出ると、さすがロッテルダムは大都会! ニューヨークや東京並みの高層ビルが林立しています。しばらく歩いていくと、またまた「地球の歩き方」によると、「世界初の歩行者天国」というラインバーン商店街に。「日本のように一時的に車を閉め出すのでなく、設計の段階から車道をなくしてしまった」そうで、どんな街だろうと期待して行ったのですが‥。
a0230008_5521830.jpg

 私としてはちょっとがっかり? そんなに個性的な街並には思えませんでした。商店街で言えば、オランダならブレダや昨日行った港町ZIERIKZEEの小さな路地にもちょっと洒落たお店が立ち並ぶ素敵な通りがいっぱいあって、そっちの方が好きかな‥と。ベルギーでも、ブリュッセルより、ルーベンやメッヘレンの方が好きだし、日本でも、東京、大阪より、高知の方が好き‥という私は、単なる田舎者でしょうか。
 
a0230008_5574586.jpg

 そして、ロッテルダムと言えば、港。観光用でしょうか。古い船や灯台があって、趣きがありました。そのすぐ前の広場には、ナチスによる爆撃で徹底的に破壊されたロッテルダムを象徴しているという「心臓を失った男」の像が天を仰いでいました。
a0230008_641388.jpg

 さらに、目指して歩いたのは、オランダならでは?の変なマンションとして名高いらしい「キューブハウス」!
a0230008_67131.jpg

 これです。ほんとに変ですよね。隣の建物も変で、オランダ人の建築感覚には唖然とさせられます。
a0230008_692453.jpg
a0230008_6103966.jpg

 一体、中でどんなふうに暮らしているのか、見たい人のために2.4ユーロで一室が公開されているのですが、こんな感じでした。
a0230008_628770.jpg
a0230008_6292389.jpg

 居間に書斎、寝室が急な階段でつながっていて、のんびりゆったりとはいかないような‥。住まれている方には申し訳ないですけど、あんまり住みたいとは思えませんでした。家賃は幾らなんでしょうか??
 最後に、これも「地球の歩き方」に載っていたオランダでは珍しいニンニク料理専門店で気持ち悪くなるくらいニンニク料理を食べてしまい、またさんざん歩いて駅へ。もうすっかり夜。商店街にはちょっぴり変な色とりどりの提灯?が怪しく光り、最初に見た高層ビルは、イルミネーションが星のまたたきのようにさざめいていました(写真では分かりにくいですね)。
a0230008_6382113.jpg
a0230008_6352683.jpg

 明日はオランダ小旅行最終日。夜には住み慣れた?街、ベルギーのルーベンへ帰ります。
  p.s‥‥昨日のブログで、オランダの家には「X」のような飾りがあって何だろう、家紋かなあ???と書いたのですが、それについて、ジョス神父さまが早速、正解を教えてくださいました。「実はあれは家の外側の壁と中側の壁を強く結ぶ鉄で、離れないようにと。つまり家の建て方に必要なもの。またオランダとベルギーの一番違うことは、家に関してですが、ベルギーでは設計がまったく自由です。オランダでは、場所によって、場所に応じて、設計が自由ではなく、あらゆるルールがある」そうです。また一つ豆知識が増えました。ジョス神父様、ありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]
by hirotomo0301 | 2011-11-28 06:26

21年間続けた一地方紙の記者の仕事から足を洗い、2カ月半の世界13カ国周遊1人旅から帰ってはや半年。過去の日々を振り返りつつ、次の一歩を模索していきます。


by hirotomo0301
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite