my very precious days ーHIROSUE TOMOKO

hirotomo26.exblog.jp ブログトップ

雨に煙るドナウ

a0230008_3183026.jpg

 ♩♫♫タラーー、ラリラーー、リラリーー、ラリラーー♩♫♫
 といっても何の音楽か分からないでしょうが、今日ずっと私の頭の中にはこのメロディーが流れていました。そう、「ドナウ河の漣」。昔、ピアノで習いませんでしたか? 私はこの曲を思い出すと、体の動きもワルツを取ってしまいます。
 でも、今日はワルツは踊れない雨。それも今までのような霧雨ではなく、はっきりした雨。ヨーロッパでは傘をさす人は少ないですが、今日は3分の1強の人が傘をさしていました。それなのに、そんな日に限ってスーツケースに傘を入れたまま出て来てしまった私。コートのフードをかぶってひたすらドナウを目指して歩きました。
a0230008_2521316.jpg
 
a0230008_301976.jpg

 ホテルの人はすぐそこ、のように言っていたのに‥。1時間以上もかけてやっと大河が見えてきた時には少し感動。橋桁の上で巨大なライオンの像がにらみをきかせた、一番大きな橋にたどり着きました。向こう岸の丘の上には緑のドーム型の屋根の何やら荘厳な建物も見え、「これがドナウか‥」としばし眺めを堪能しました。青空だったらもっと良かったんでしょうが‥。
 向こう岸の橋桁にもライオンが居座り、横から見ても大迫力。こんなすごい橋をブダペストの人は、毎日普通に渡って通勤するんですね。
a0230008_363598.jpg

a0230008_3215084.jpg

 橋を渡ると、大きなトンネルがあり、すぐ横にケーブルカーが。これに乗って丘の上まで行きました。もっと掛かるかと思えば、たった30秒ぐらいで到着です。
a0230008_3294379.jpg

a0230008_3144781.jpg

 丘の上からの眺めは‥。やっぱり雨に煙って見渡しはよくありません。でも白い靄に包まれているようで、情緒はたっぷり。大きな鷲?が今にも羽ばたきそうな姿勢で川辺を見下ろしていました。
a0230008_32635100.jpg

a0230008_2422751.jpg
a0230008_3374579.jpg

 緑の屋根の建物は博物館で、見学し終わった後は、丘の反対側の景色も見に行こうとしたのですが、何やら急に警察官がたくさんいて「向こうは駄目。すぐに下りるように」とのこと。何かあったのか聞くと、「プライムミニスターが来るから」だそう。しょうがないのでおとなしく指示に従い、またケーブルカーで下りて橋を渡り、行きとは違う川縁の道を歩きました。
a0230008_3442480.jpg

a0230008_3465055.jpg

 ずっと行くと、こんなきれいな緑色の橋も。掛かる橋によっても全然雰囲気が違うんですね。どんな河でもそうかもしれませんが、さすがにドナウ。名曲「ドナウ河の漣」が作られた訳だと納得しました。
a0230008_3514694.jpg

a0230008_3531622.jpg
 明日はブダペストを離れて、セルビアのベオグラードまで汽車で行きます。ほんとはベオグラードは危なそうなので飛ばしてブルガリアのソフィアまで行こうと思っていたのですが、駅にチケットを買いに行くと、ベオグラードまで行くだけで8時間かかると言うので‥。もうここから先はTGVやタリスのような高速列車はないようです。なんとか治安には気を付けて、ゆっくりと旅を続けます。人気ブログランキングへ
[PR]
by hirotomo0301 | 2011-12-16 04:06

21年間続けた一地方紙の記者の仕事から足を洗い、2カ月半の世界13カ国周遊1人旅から帰ってはや半年。過去の日々を振り返りつつ、次の一歩を模索していきます。


by hirotomo0301
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite