my very precious days ーHIROSUE TOMOKO

hirotomo26.exblog.jp ブログトップ

祝86歳!!桂浜 春の宴

a0230008_1712989.jpg

 遠く目をこらせば、春の霞の向こうに、南国土佐の東の果て、室戸岬までも見えそうーー。
昨日の日曜日、こんな景色を眺めながら、娘と一緒にお昼の会食を楽しんできました♡♡
場所は、龍馬記念館お隣の「桂浜荘」。来月、大学進学のために上京する娘が、その前に、中学時代、とてもお世話になったM先生にご挨拶に行こうとしたところ、先生が、どうせなら、桂浜荘で誕生会をやることになっているから、Sちゃん(娘)とお母さんもそれに参加してくれたら‥と言われ、お言葉に甘えて、メンバーに入れてもらったんです。
 誰のお誕生日会かというと‥、先生の伯母さまとそのお友達2人の。なんなんと3人はそろって大正15年春生まれの満86歳!!で、そのハッピーバースデーを、桂浜荘のお部屋を借り切って、絶景を眺めながら、龍馬鶏定食に舌鼓を打ち、お風呂にもつかってお祝いしようという企画だったのです。
a0230008_17305716.jpg

上の写真、ちょっと(かなり?)ぴんぼけで申し訳ないですが、3人そろって元気はつらつの258歳!! 先生の伯母さま、増井はつ子さんは、一番右端の黒いお帽子をかぶった方。真ん中がこの日がちょうど誕生日の岩神文(ふみ)子さん、左端が斉藤成(しげ)子さんの仲良し3人組です^^
 
a0230008_17323158.jpg

 噂の龍馬鶏定食はこれ↓↓ 鶏のすき焼きを生卵につけて食べるのがとっても美味。茶碗蒸しもgoodでした!
a0230008_17333595.jpg

 そして、増井はつ子さんと、その姪っ子で、うちの娘の恩師の松田美津子先生は、和歌の名手。美津子先生は、なんと、今年1月に京都の西本願寺で行われた親鸞の遺徳をしのぶ50年に一度の大法要で、和歌を詠み上げるお一人に選ばれたそうで、まずはその時の映像をみんなで鑑賞しました。平安朝の宮中装束に身を包まれてしずしずと歩く姿はあっぱれ! 普段は中学校の保健室で教室に入れない子どもたちに優しく対応してくださっている先生は、ほんっとにすごい方なんです。
a0230008_18151023.jpg

 和歌のほかにも先生はたくさんの趣味を持っておられて二胡もその一つ。この日も大切な楽器を持ってこられていて、「早春賦」や「浜千鳥」「朧月夜」などのみんなが歌えるどこか懐かしく今の季節にぴったりな歌の伴奏をしてくださり、私も娘も癒されました♪♪
a0230008_18473513.jpg

 そして、皆さまは娘の門出もとても喜んでくださり、その場ですらすら‥と和歌を詠まれるはつ子伯母さまは、娘のために早速一句書いてくださいました。

     桃の花  ほほ笑むごとき
     島崎の姫は
     東都の大学の
     花
            
          冷泉家和歌会
                        増井はつこ

 うちの娘にはもったいないような、とってもいい句でしょう。上京を前に、髪の毛をちょっとお洒落にカラーした娘を「桃の花」にたとえてくれ、「島崎の姫」とまで。島崎というのは名字だけでなく、窓の外の海の向こうに遠く広がっている大山岬や室戸岬の「岬」を「崎」という言葉に引っ掛けているのだそうです。東京を「東都」というのもさすが‥。思わぬプレゼントにシャイな娘も喜んで「家宝にします」と言っていました。
 
a0230008_197734.jpg

 昼食の後は、入りたい方だけ見晴らし最高のお風呂にいったり(私たちは今後の参考に景色だけ見に行きました^^)、文子さんが持ってきてくれていた「ひさご」という縁起物のひょうたんを「お金持ちになりますように」と、みんなが1人ずつ持って写真を撮ったり。
a0230008_19202820.jpg
 
a0230008_19214165.jpg

 ↑↑「はちきん湯」からの眺めです^^
a0230008_19223169.jpg

 「今日はいままでで最高の誕生日じゃったねえ」と喜ぶ86歳のお三方のお話は、聞いているだけで面白くて娘も私も知らず知らず笑顔に。普段、あまり接する機会のない年代の方々との思いがけない会食は、上京前の娘にとって忘れられない想い出になったと思います。
a0230008_19241872.jpg

 最後は一人一人が龍馬記念館前の龍馬さんとシェイクハンドし、大ファンという館長に見送られて上機嫌で帰ってゆかれた伯母さまたち。龍馬さんも86歳の若者に驚き、祝福してくれているようでした☆☆
a0230008_20153657.jpg

a0230008_2016336.jpg

 はつ子伯母さまは、偶然にも誕生日が伯母さまと同じ3月1日の不肖私のためにも和歌を詠んでくださりましたので、最後にその一句を。

   辰年の弥生一日
   共祝ひ
   桂浜荘
   東を
   望む
    

  あんまり待ち遠しくもありませんが、誕生日ももうすぐ。私の倍生きている伯母さまたちにみならって、毎日を元気に過ごしていけますようにーー。
人気ブログランキングへ
[PR]
by hirotomo0301 | 2012-02-27 21:38

21年間続けた一地方紙の記者の仕事から足を洗い、2カ月半の世界13カ国周遊1人旅から帰ってはや半年。過去の日々を振り返りつつ、次の一歩を模索していきます。


by hirotomo0301
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite