my very precious days ーHIROSUE TOMOKO

hirotomo26.exblog.jp ブログトップ

初めての台湾〜3 続・感激の出会い

 坂本龍馬財団による台湾の旅。3日目は新幹線で約2時間、台北から台南へ向かいました。
 目的は、李登輝氏の次に控える台湾の重要人物の方々にお会いすること。最初は、台湾でコンビニや宅配事業をはじめあらゆる食品産業を手掛ける大企業、統一企業公司の林蒼生総裁を訪ねました。
 
a0230008_12275132.jpg

 大きな会社の入り口には「坂本龍馬財団御一行歓迎」の電光文字がきらめいていました。
 林氏は2代目ですが、創業者は松下幸之助氏、韓国のサムスンの創業者とともに「世界に3人の尊敬する経営者」の1人に選ばれたことがあるという台湾が世界に誇る企業のトップです。
 柔和なお顔をしたこの方も非常に親日的。いまの世界情勢と日本の役割、経営者としての心得などについてお話してくださった後、台湾料理の円卓を私たちみなと囲んでくださいました。
a0230008_1343131.jpg

a0230008_1313886.jpg

 ここでもいちむじんやOTOGIのお2人がギターと歌を披露。林総裁は終止にこやかに耳を傾け、一人一人との名刺交換や握手にも気軽に応じてくださいました。台湾はどんな大企業のトップでも決して偉ぶる事がないようです。
    
 そして、次なる行き先は李登輝氏の盟友であり、奇美実業という、ABS樹脂(ていっても私にはあまりよくわからないんですけど‥)の世界ナンバーワンの企業を一代で築き上げた台湾の名だたる経営者、許文龍氏。氏は、「企業利益の3分の1は医療、文化、環境に還元すべきだ」というのが持論で、びっくりするのは、世界的に価値のある多くの美術品コレクションを集めた奇美博物館をつくって、誰にでも無料で開放していること。現在、新館も建設中で、それも出来上がり次第、台南市に寄付されるそうです。訪ねたときはちょうど亜熱帯の台湾特有のすごいスコールが降っているところだったので、雨に煙っていますが、屋外はこんな感じで彫像が並んでいました。
a0230008_1256370.jpg

a0230008_12583736.jpg

 そしていよいよ博物館の中へ。案内してくれたのは奇美実業顧問の石榮堯(せきえいぎょう)さん(↓)。日本語は普通に堪能で、人柄の良さがお顔ににじみ出ているような方でした。
a0230008_1311195.jpg
a0230008_1310998.jpg

 博物館の中は撮影はNGということでお見せすることができず残念ですが、ほんとになんて面白い博物館!!というのが感想。古今東西の素晴らしい名画があるかと思えば、日本の武士の槍や刀、さらにその次のコーナーは突然、世界の動物や鳥たちの剥製が何百体も(もしかしたら1000を超えているかも‥)あり、これは、特に子どもたちが見れば好奇心をかき立てられ、一生忘れられない宝物のような想い出になるだろうなあと思いました。
 写真をお見せできないのがかえすがえすも残念ですが、私がいちばん感動したのはやっぱり世界の楽器コレクション!! ご自身も名ヴァイオリニストの許文龍氏は弦楽器の名器はもちろんのこと、パイプオルガンと木琴とトライアングルとドラムが一斉に自動演奏を始めるピアノをはじめ、世界でおそらくここにしかないユニークで超貴重な自動演奏の楽器がずらり並んでいたのです!! その一つ一つの演奏を短い時間でしたが、石さんが聴かせてくれたので私は大感激しました。ほんとはもっとゆっくり聴いていたかったけど‥。
 そして、その夜は許文龍氏を囲んでの宴席。許文龍氏の含蓄のあるお言葉に耳を傾けながら、またまた美味しい台湾料理にお酒をいただき、瞬く間に夜がふけていきました。このときばかりはいちむじんらの演奏はなく、許文龍氏自らがヴァイオリンを奏で、それに合わせてギターやコーラスも台湾の方々が披露してくださってみんなうっとり。曲目は「故郷」や「荒城の月」「世界は二人のために」などみんなが知っている曲ばかり。全員が大きな声で歌い、中には涙している人もいました。
a0230008_13255935.jpg
a0230008_13245175.jpg

 
 今回の旅でお会いした台湾の方々は李登輝氏にしても許文龍氏にしても、戦前の日本統治下で生まれた台湾人。歴史上、幾多の国に植民地支配されてきた台湾の悲哀の中に生きてきた人たちです。それでも李登輝氏が「私は22歳までは日本人でした」ときっぱり言われるように、植民地化した日本に対して遺恨を持っていないばかりか、許文龍氏が「日本の統治によって学校がたくさんできた。日本が教育に力を入れたお陰だ」「日本のお陰でインフラ整備が飛躍的に整った」と言われるように、日本に対して、日本人に対して感謝の気持ちを強く持ってくださっていることに、日本人として逆に感謝したいような思いがしました。
 そして、彼らのだれもが今の日本について「日本人の御しやすい、感化されやすい性格が悪い方に出ている。残念なことにリーダーがいない」(許文龍氏)「日台の関係を良くすることが私の使命。我々は新しい龍馬をつくりなおし、発見し、責任をもって教育しなければならない」(李登輝氏)と話し、これからの日本のことを真剣に考えてくださっているのが分かりました。
 許文龍氏は「日本人は台湾人を知らない。大陸の歴史を知らな過ぎる」というのもその通りだと思います。彼らの期待する「大衆を変えるようなリーダー」を見い出し、育てることに、私たち龍馬財団の一人一人が寄与しなければならないとあらためて痛感した旅でした。
 今日から毎日、台湾編、更新します。
 人気ブログランキングへ
[PR]
by hirotomo0301 | 2012-07-31 13:45

21年間続けた一地方紙の記者の仕事から足を洗い、2カ月半の世界13カ国周遊1人旅から帰ってはや半年。過去の日々を振り返りつつ、次の一歩を模索していきます。


by hirotomo0301
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite