my very precious days ーHIROSUE TOMOKO

hirotomo26.exblog.jp ブログトップ

初めての台湾〜7 台中の虹の村

a0230008_22364887.jpg

 皆さん、こんな色とりどりでサイケデリックでキュートでアートな町並み、見た事ありますか?
ここは、台湾中部の台中にある「彩虹誉(ちょっと誉の漢字が違うかも)村」というところ。本当は「馬祖二村」という名前なのだそうですが、誰もが「虹の村」と呼ぶように。私が参考にさせてもらったガイドブックによると、中華民国政府が昔、台湾に移住した人たちのために建てた仮設住宅のような家の立ち並ぶ公営住宅地だったところのようで、そのボロボロになった家々を1人のおじいさんが何年がかりでかは分かりませんが、このようにカラフルな絵と字でいっぱいにし、今では台中の観光名所になったようです。
 広さはさすがにそれほどでもなく、500㍍四方ぐらい?のもんかな。それでも一歩足を踏み入れが、そこはまさにワンダーランド!入り口から出口まで不思議な不思議な絵と文字が壁にも屋根にも地にも延々と描かれているんです。
a0230008_22482449.jpg

a0230008_22495730.jpg

a0230008_22524937.jpg
a0230008_22543513.jpg

 とにかく、どこもかしこもこんな感じ。道はT字路のようになっていて、訪れた人はやがて真ん中の小さな路地へと導かれます。
a0230008_2333613.jpg

 そこにはこんな番地なのか数字の書かれたポストが二つ。
a0230008_2355063.jpg

 目立っているのは、「老兵在」の文字。この老兵こそ、ガイドブックに書かれている、この街を描き切った黄さんのことでは?と思いつつ、中に入ってみました。
 
a0230008_23203537.jpg
a0230008_23194671.jpg
a0230008_23185217.jpg

 すると、私も大好きなマイメロディやどらえもん?の縫いぐるみが。そして壁には1人のおじいさんのポスターが張ってありました。↓
a0230008_23231588.jpg

 ああこの人が黄さんかあ、と思って目を先に向けると、なんと、白シャツ一枚のご本人が座っているじゃないですか! まさかいらっしゃるとは思ってなかったのでびっくりしました。
a0230008_23253921.jpg

 黄さんは私が日本人と知ると「ありがとうございます」と言ってくれ、握手はもちろん、私の汚いメモ帳にスタンプ付きでサインもしてくれました。サインは私の手渡したボールペンではなく、自分専用のを取り出し、真剣な顔つきで。親切で、真面目な方なんだなあと感じました。
a0230008_23361228.jpg
a0230008_23351911.jpg

 虹の村を訪れるのは台湾の学生さんたちが多いよう。気が付くと、黄さんの周りにはたくさんの若い人たちが。その中でにこにこ笑顔をふりまく黄さんはとても幸せそうでした。
a0230008_23384572.jpg

a0230008_23394229.jpg

 よく見ると、黄さん専用の真っ赤な椅子も。↓
a0230008_23404753.jpg

a0230008_23414361.jpg

↑この壁もかわいいですよね!
 ガイドブックによると、こともあろうか、この虹の村は新しい道路の予定地となっていて取り壊しが検討されており、残すための署名運動も活発に行われているそうです。こんな可愛くてきれいな芸術的な街を取り壊すなんてあり得ませんよね。これもガイドブックに書いてあったのですが、黄さんは絵を誰にも習ったことがないそう。そう言えば、ヴァイオリンの名手、許文龍さんも、先生についたことはなく、いわゆる“流し”を見て覚えたと言われていましたから、台湾のこの年代の方々は持って生まれた才能を独学で磨いた方が多いのでしょうか。
 
a0230008_23462916.jpg

a0230008_23474754.jpg

a0230008_23485094.jpg

 それにしても、この窓やドアたち↑↑の可愛いこと!!
 真ん中の路地を出て、出口までの道筋にも可愛くて、そして奇妙な絵や漢字がずーっと続きます。
本当に、どんな思いで、何年かかって仕上げたのかなあ。台湾語ができればぜひとも黄さんに聞いてみるのですが‥。
a0230008_23521624.jpg

a0230008_23554168.jpg

a0230008_23543835.jpg

a0230008_23572366.jpg

a0230008_23581270.jpg

a0230008_001172.jpg

 どうか、この光の村が取り壊されることなく、いつまでも「百福」と「平安」に包まれていますように。
a0230008_014430.jpg

 御歳90歳の黄さん、これからもお元気で。私に、この光の村を見てみたいと思わせ、黄さんと出会わせてくれたガイドブック「台湾のたびしおり」(ワニブックス発行)をまとめられたayacoさん、本当にありがとうございました。人気ブログランキングへ
[PR]
by hirotomo0301 | 2012-08-04 08:00

21年間続けた一地方紙の記者の仕事から足を洗い、2カ月半の世界13カ国周遊1人旅から帰ってはや半年。過去の日々を振り返りつつ、次の一歩を模索していきます。


by hirotomo0301
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite