my very precious days ーHIROSUE TOMOKO

hirotomo26.exblog.jp ブログトップ

公ちゃんのスマイル

a0230008_19302554.jpg

 笑顔がはじける4人家族!! 今日は、土佐市にお住まいのMさんご一家に、お昼をおよばれしてきました^^
 テーブルの上には、イクラがたぁっぷりのったチラシ寿司に、トマトと豚の冷しゃぶ、エビのチリソースに‥とごちそうがいっぱい。ぜんぶ、一家の主婦、和佳さんの手作りです! 料理上手の奥さん、お母さんってすごいなーっと、我が身を顧みて、思わず、尊敬のため息が出てしまった私でした;
 さてさて、私が和佳さんと出会ったのは‥うーん、3年ぐらい前でしょうか。前に勤めていた新聞社で社会部にいたころ書いたコラムがもとで、和佳さんが「ぜひ一度、家に遊びに来てください」と言ってくださって。その後、和佳さんの長男の公輔君が難産で、脳に酸素がいかない状態で生まれてきたため、脳性麻痺の障害があり、いろんな大変な思いをしながら子育て一筋に頑張って来たお母さんであることを知りました。
 
a0230008_20423874.jpg

a0230008_21174083.jpg

 障害があってもなくても子育てが大変なのは一緒だけど、やっぱり、公ちゃんの場合は、身体が自由に動かせず、話すことも難しいので、人とのコミュニケーションは目の動きでしています。そんな公ちゃんを、和佳さんはじめ家族全員が支え、大変な生活だけれどもできるだけ普通に、楽しく明るく、つないできた家族の絆。私は最初、和佳さんにお会いしたとき、ほんとに笑顔の素敵な方だなあと思い、その後、公ちゃんに会って、あっお母さんにそっくりの笑顔や!とびっくり。今日は初めてお父さんにもお会いしましたけど、妹で小学校1年生の佳子(かこ)ちゃんもふっくら笑顔で、これぞスマイル家族!いっぱい、元気をわけてもらいました。
 
a0230008_2052561.jpg

 リビングに飾られていた寄せ書きには、やっぱり、「公ちゃんの笑顔がいちばん」「いつもみんなにやさしくしてくれました」とお友達の温かい言葉が。重い障害のある公ちゃんですが、ずっと地元の公立小学校に通い、この春からはみんなと一緒に中学校に進学。夏休みも補習に行ったりもして、勉強も頑張りながら、部活では大好きな野球部に所属。好奇心いっぱいの元気な中学生活を送っています。
 そんな公ちゃんですが、寄せ書きの中にも「リハビリを良く頑張っていました」とあるように、
1歳のときから、イギリスのブレインウェイブ法というリハビリをずっと続けてきました。毎朝、20分くらい、2人ぐらいの方の力を借りて、手足の柔軟体操のような運動をするのですが、これをもう12年間も続けているんです。公ちゃんにとっては、これを続けることで身体が動かしやすくなるそう。公ちゃんが生活していく上で欠かせない治療法なのです。
 ご両親は、公ちゃんが中学生になってから、考えていることがあります。それは、このリハビリを、できれば、公ちゃんと同じ中学校のみんなに協力してもらえないかなということ。今までは、主に、医療関係の専門学校生の方たちの手を借りていたそうなのですが、同じ中学生として、友達の、後輩の1人として、毎日でなくても、構わない日の朝の20分間、公ちゃんの手足に触れ、いろんな話をしながら、リハビリに手を貸してもらえたらなあ、と。そんなに力の要る難しいリハビリではないそうで、「公輔にとっても、みんなと触れ合うことで体だけでなく気持ちも元気になることができると思うから」と和佳さん。公ちゃんも同じ気持ちだと思います。
 もちろん、中学生だけでなく、公ちゃんのリハビリに協力してくださる方の輪を広げていくことをご両親は願っています。公ちゃんが頑張っている姿を見ることが、みんなの元気に、明日への活力につながれば・・という思いからです。
a0230008_21204880.jpg

 公ちゃんのお家のすぐ側を流れる波介川の風景↑↑
 緑豊かな自然の中で、地域の人に見守られ、支えられ、暮らしていける家族って本当に幸せですね。和佳さん、今日は本当に美味しいお昼をごちそうさまでした^^ 公ちゃん、また会いにいくね♡♡
a0230008_21224299.jpg

 ↑↑それにしても、心が洗われるような風景です。。人気ブログランキングへ 
[PR]
by hirotomo0301 | 2012-08-08 21:29

21年間続けた一地方紙の記者の仕事から足を洗い、2カ月半の世界13カ国周遊1人旅から帰ってはや半年。過去の日々を振り返りつつ、次の一歩を模索していきます。


by hirotomo0301
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite