my very precious days ーHIROSUE TOMOKO

hirotomo26.exblog.jp ブログトップ

White Cristmas in 北海道〜ニセコの山々〜

 真冬のニセコの朝。この日も喜び勇んで外へ。もちろん寒いのは寒いのですが、楽しいが勝って寒さを感じないんです。
a0230008_19472819.jpg

a0230008_19501124.jpg

 夢だった?雪だるまづくりにも挑戦しようとしたのですが、なんだかやり方が分からなかったので、雪を掘ってハート♡に。木の枝も拾ってきて、ちょっと飾ってみました^^
a0230008_1953444.jpg
 
 えっ、ぜんぜんハート♡に見えませんか??
 それにしても、真っ白い真っ白い雪‥‥。キラキラ輝く粉砂糖のようです。
a0230008_19573075.jpg

 ホテルの周りには雪のこんもりと載った木々がいっぱいあって、そこには、小さなツララたちが懸命にぶら下がっていました☆☆
a0230008_2013060.jpg

 青空と雲とツララのコントラストもこんなにきれい☆☆
a0230008_2034748.jpg

 そして、ニセコと言えば、羊蹄山の眺めをぜひカメラにおさめなくては‥と、町内を一回200円で走ってくれるデマンドバスを呼び、そのビューポイントに連れて行ってもらうと‥。
a0230008_2071372.jpg

a0230008_20104091.jpg

 見てください!!これが羊蹄山です!でっかい‥‥。まるで富士山みたい。富士山もちゃんと見た事のない私ですが、初めての北海道でこんなにきれいに羊蹄山が見えるとは。
次に、なぜかニセコにある有島武郎記念館(デビュー作の「カインの末裔」の舞台がニセコだったようです)にも向かうと、そこもまた絶景!!
a0230008_20171244.jpg

 上の写真は羊蹄山の山頂と、有島記念館の展望台。
そして、階段を70段ぐらい?登って見た展望台からの眺めは‥。
a0230008_2022071.jpg
a0230008_2019255.jpg

 絶景、としか言いようのない絶景。後ろを向けば、反対側の山々もこんなに綺麗に見えて、壮大な自然に圧倒されるばかりでした。
a0230008_20243944.jpg

 駅まで送ってくださったホテルの方によると、こんなに青空が広がって、きれいに羊蹄山が見えるのは、冬場では珍しく、ほんとに久しぶりとのこと。そんなラッキーな日に行き当たるなんて、私か陽子ちゃんの日頃の行いがよほど良かったのでしょう‥‥とは思いますが、本当に神さまに感謝です。
a0230008_20292521.jpg

 なんどでも撮りたくなる羊蹄山‥。しかし、この日は24日。そう、クリスマスイブの御ミサに札幌の教会で与るために、ニセコはもう後にしないといけません。
a0230008_20324752.jpg

 そんなわけで、午後2時前にはニセコ駅に着いたのですが‥。なんと小樽行きの汽車(札幌へは小樽で乗り換えないと行けないため)は出たばかりで、次の便は4時前とか。時刻表をよく調べていなかった私がいけないのですが‥。しかたなくニセコ駅で約2時間待ち。その間にまた駅周辺の赤い実などいっぱい写真を撮りました^^
a0230008_20363481.jpg

 雪をかぶったこの可愛い実はFB友達に教えていただいたところ、ナナカマドのようです。七回釜戸で焼いても焼けないところから付いた名前。豪雪の中でも真っ赤な実を付けていることから、雪国では道の縁取りに植えられるようです。
 それでも時間はまだまだあったので、駅の中にあった雰囲気のいい喫茶店で、名物?ヌプリ丼をいただき、満腹に。
a0230008_20422041.jpg

a0230008_204351100.jpg

 ヌプリというのはアイヌ語で山という意味。ニセコ名産の山芋の山かけに引っ掛けてこの名前にしたそう。真っ赤なイクラはちょっとナナカマドみたい。真っ白な雪とナナカマドを表現したような美味しい丼でした^^
 しかし。問題はイブのミサに間に合うかどうか‥。ちょっぴりハラハラしながら、やっと来た汽車に乗り、ニセコを後にしたのでした→もちろん続く‥‥。人気ブログランキングへ ←←またまたポチッとお願いします^^
[PR]
by hirotomo0301 | 2012-12-27 19:44

21年間続けた一地方紙の記者の仕事から足を洗い、2カ月半の世界13カ国周遊1人旅から帰ってはや半年。過去の日々を振り返りつつ、次の一歩を模索していきます。


by hirotomo0301
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite