my very precious days ーHIROSUE TOMOKO

hirotomo26.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お彼岸のミサ

 今日はお彼岸の中日。先祖代々のお墓にお墓参りに行かれた方も多いと思いますが、日本のカトリック教会でも、お盆やお彼岸などは日本の風習にある程度のっとって行事を行います。きょうは土曜日でしたが、朝から南国市にあるカトリック墓地に大勢の信者さんが集まって、安らかに眠っている方たちに心を込めて御ミサを捧げました。
a0230008_011969.jpg

 私が真っ先にお花を持って向かったのは、やっぱりデルちゃんのお墓。どなたかがそなえてくださったのか、デルちゃんが大好きだったワインも何本か置かれていました。
a0230008_013316.jpg

 デルちゃんが葬られているのは、墓地のいちばん北東の一角にある「オブレート会」の神父樣方が眠っておられる場所。すぐ上にはイエズスさまが手を広げて見守ってくださっています。
a0230008_0151080.jpg

 そして、同じオブレート会の神父さまでありながら、高知のボランティア活動の礎ともなり、社会福祉活動に一生を捧げたシモンズ・レオナルド神父さまのお墓は、神父さまの手となり、足となってその活動を支え、戦後のどさくさの時代から多くの孤児たちに“お母様”と慕われ、生涯を児童福祉に捧げた武田紀先生と一緒に、お二人の最後の仕事でもあった、DVなどから逃れてきた傷ついた女性をかくまうシェルター「青濤の家」の墓地にありました。お2人の長年の労苦に思いを馳せ、心を込めてお祈りしました。
 
a0230008_0383370.jpg

 この日は、デルちゃんとは刑務所の仕事などで知り合い、旧知の仲だったという、御歳90歳にして英語も中国語もべらべらで今も現役で受刑者の通訳などをされている米津洪志さんも足を運んでくださり、ミサが終わった後、私の大好きなブルゴアン神父さまとも初対面なのに仲良く英語で話されていました。デルちゃんの御縁で良いお友達になれそうなお2人ですね〜。
a0230008_0201627.jpg

 また今日は、児童養護施設の子どもたちがたくさん来てくれていたのも、みんな嬉しかったと思います。「マリア園」のお墓の一角に子どもたちを集め、「ここに眠っている子はちょうど○○ちゃんと同じぐらいの歳に亡くなったのよ。みんなは元気なんだからちゃんと勉強して、亡くなった子たちのためにも、立派な大人にならないとね」とシスター。みんなでアヴェ・マリアの祈りを唱える姿には、いつものことながら、じーんときました。
a0230008_025010.jpg

 これが「マリア園」のお墓。「幼子の墓」とだけあるのが悲しいですけれど、天使のような子どもたちがそのまま神さまのもとに召されたのですから、きっと天国で幸せにしていることでしょう。
a0230008_0305528.jpg

 そして、最後は私の母方のおばあちゃんとひいばあちゃんが眠るお墓へ。ひいばあちゃんのことは、亡くなるとき、遠くの病院に入院していてそこのお庭にすみれがいっぱい咲いていたことなどかすかな記憶しかないですが、大好きな「こっこばあちゃん」にはいろんなお話をしてもらいました。今も忘れることのできない話ばかりで、私はこの「こっこばあちゃん」にたくさんの影響を受けたと思います。高校2年生ぐらいのときに亡くなったけど、その葬儀のミサでは私たち3姉妹が柩にとりすがって泣いたこと、「主のみもとに近づかん‥」や「また会う日まで、また会う日まで‥」という聖歌を泣きながら歌ったことを覚えています。
 
a0230008_0463270.jpg

 世界中のお墓もいろいろ見てきたけど、やっぱりここの南国墓地もきれい。私もいつかここに眠ることになるのかなあ‥;;
 カトリックのお墓は、日本の昔ながらのお墓のように、しきびや菊‥といった地味?なお花じゃなくて、ぱあっと明るいお花を飾れるのもいいですよね。
a0230008_05051.jpg

 デルちゃん、シモンズ神父さま、おばあちゃん、また来るきね‥と心で話し掛けながら、みんな帰ってしまった墓地を後にしました。お天気で良かった。
a0230008_051960.jpg

人気ブログランキングへ  
[PR]
by hirotomo0301 | 2012-09-23 00:55

人生の岐路

 人生の岐路ってこんなに何回も訪れるものなんでしょうかねえ。私の場合は特別多いのだとは思いますが‥‥。
 今また、いろいろと悩んでいます。神さまの声にじっと耳を澄ませればよいのでしょうけど、なぜか何も聴こえてこないような気がします。この道を選んでいいのか。そもそも、私にできることなのか。何はともあれ、一歩を踏み出すべきなのか。もしも、途中で挫折してしまうのなら、引き受けない方がよいのか‥。秋の夜長に1人でもんもんと考えています‥。fbにこんなこと書くといっぱいコメントが来そうで怖いので、ブログに吐き出してしまいました。
 きっと答えは見つかると思うのでみなさん心配しないで聞き流してくださいね^^
a0230008_23452746.jpg

人気ブログランキングへ 
[PR]
by hirotomo0301 | 2012-09-20 23:45

土佐久礼を町歩き

 
a0230008_11543654.jpg

 秋になったというのに、相変わらずなにかとばたばたの毎日を過ごしている私ですが、アルバイトの取材も兼ねて久々に中土佐町久礼というところに足を延ばしてみました。高知をあまり知らない方にはなじみがないかもしれませんが、故・青柳祐介さんの漫画「土佐の一本釣り」でも有名な鰹の町です。
 ここのいちばんの名所はなんといっても「久礼大正町市場」(↑↑の写真)。
 明治時代から地元の台所として賑わう名物市場ですが、しかし、なんで大正町でもないのに(高知県には大正町という場所も四万十の山間部にあるのです。いまは合併で四万十町になってますが‥)、大正町市場というのか。私の中では素朴な疑問としてあったのですが、ネットで検索させてもらったところ、なんでも「大正4年、市場周辺が大火にあった時、大正天皇から復興費をいただいたことに町民が感激して『地蔵町市場』から現在の『大正町市場』に名前を改めた」そうです。なるほど‥。またこの久礼は、平成23年2月、漁師町として全国初の国の文化財(重要文化的景観)にもなっています。高知県を旅行される方にはぜひとも外してほしくないスポットです。
 
 上の写真で商店街の中を自転車がすいすい走っているのは、既に久礼に着いたのが夕方前ごろでお店がぜんぶ閉まっていたため。近くの温泉で一泊して翌日もう一度昼前に出掛けると、やはりとても活気づいていました。魚だけでなく、野菜あり、ところてんあり、お菓子あり‥。辺り一面昭和の雰囲気に覆われてます。その中をおじさん、おばさん、お姉さんたちの威勢の良い掛け声が飛び交っていました。
a0230008_1212482.jpg

a0230008_1221673.jpg

a0230008_1224061.jpg

a0230008_1231734.jpg

a0230008_1253575.jpg

 上のいちばん下の写真は、高知の人には有名な「田中鮮魚店」です。
 そして、いま、ここら辺り(須崎や久礼)でいちばん旬なのは「新子」と呼ばれる鰹。新鮮なほどピンクのような赤い切り身に、私の大好きな仏手柑を思いっきり絞り、さらにその緑色の皮をすりおろして食べるのが“通”の食べ方のよう。それを目の前でやってくれて、そのまますぐ横のお店やベンチに座って食べられるのです^^
a0230008_1212090.jpg

a0230008_12122039.jpg

a0230008_12131695.jpg

↑↑至福のひととき‥。
↓↓これが仏手柑です。かぼすよりは小さく、スダチやシークワーサーよりは大きい。酸味と少しの苦みがあって最高に美味しい。どんな料理に絞っても合います(あくまでも私の場合です)。
a0230008_1217259.jpg


そして、季節はもう秋。
店先には魚だけでなく、たくさんの、土佐の秋の味覚が並んでいました。
a0230008_16132749.jpg

a0230008_16134345.jpg

 そのほか、大正町市場の入り口にはお菓子を売っているお店もあって、
a0230008_16141421.jpg

↑↑この「中菓子」というのが名物なのだそうですが、残念、この日は売り切れてしもうてねえ、とのことでした。でもほかにもこんなピンクのかわいいお菓子が↓↓
a0230008_16162011.jpg

 そこのお店はかき氷も名物で、並んだシロップが不思議な瓶に入ったお薬みたいで、とても雰囲気がありました↓↓
a0230008_161806.jpg

 ちょうどお店で休んでいたときには、土佐ならではのもの凄いスコールが!!
a0230008_16185631.jpg


       ◇        ◇        ◇

 そして、そしてここ中土佐町久礼は漁師町としての国の重要文化的景観にも選定されているだけに、大正町市場だけでなく、町全体に古民家が残り、昭和のレトロな雰囲気が町を包み込んでいます。
a0230008_16221775.jpg

a0230008_16225562.jpg

a0230008_16232278.jpg

 ↓↓個人的に、いいな〜と思った釣り具屋さんとそのお店の中(覗き見しちゃいました‥)。外で売ってた「魚あみ」もいいでしょう^^
a0230008_16242969.jpg

a0230008_16255690.jpg

a0230008_1626099.jpg

 また、ここ久礼には高知県内では最古の酒蔵「西岡酒造」さんもありました。
 
a0230008_1627552.jpg

↓↓ここがその酒蔵です。
a0230008_16285677.jpg

a0230008_16294828.jpg

 
 久礼といえば、やっぱり「土佐の一本釣り」。西岡酒造さんの一押しの酒も「純平」のようでした。しかしながら、私はここで初めて試飲させてもらった仏手柑酒があまりにも美味しいことに感激;;一晩で1本は軽くいけてしまう美味しさです(これもあくまでも個人的感想)‥。
a0230008_1635127.jpg

 さて、酒蔵の中はというと(もう閉まっていたのに見せてくださったおじさん、ありがとうございました)‥。お宝がいっぱいのようでした^^
a0230008_1636124.jpg

a0230008_16364219.jpg

a0230008_1637292.jpg

a0230008_16371125.jpg

a0230008_16374257.jpg

a0230008_16382879.jpg


 「仏手柑酒最高‥」などと言っているうちに、気が付けば、外はもう夕暮れ。
a0230008_16404813.jpg

a0230008_16405363.jpg


 名残惜しかったけれど、久しぶりに訪れた漁師町を後にしました。
古民家好きのみなさん、ぜひ一度ツアーを組んで久礼の町並み見学にも来てください。
a0230008_164369.jpg

人気ブログランキングへ  
[PR]
by hirotomo0301 | 2012-09-07 16:52

眠れない夜に‥‥終わった夏。

 少しうとうとしたんですけど、やっぱり目が醒めてなんだか眠れそうにないので、この夏、取りためた写真をアップしようと思います。雲とか山、川が多いですが。
 
a0230008_544412.jpg

a0230008_5463181.jpg

a0230008_5471879.jpg

a0230008_62857.jpg
a0230008_614527.jpg

 ↑↑上の雲の写真。一眼レフもどきカメラのお陰だという人もいますが、どれもきれいでしょう?!
これぜんぶ、ただの(といってはもともこもないですが)、高知市内の空ですよ。
 
 ではでは、次はお山編を。
a0230008_661876.jpg

a0230008_67118.jpg

a0230008_67524.jpg

 ↑↑上の山々は、全部、嶺北、天空の郷。この日は青空は見えなかったからかもしれませんが、夕方になると靄がすごい! 棚田と靄の組み合わせもきれいでした。
 
 山々の間から靄が立ち上る写真はまだまだあります。嶺北をもう少し行くとすぐ徳島の大歩危、そして祖谷のかずら橋のある辺りなのですが、そこもすごかったです。
a0230008_6173710.jpg

a0230008_6181573.jpg

a0230008_618487.jpg

a0230008_6204994.jpg

a0230008_6234372.jpg

 ↑↑最後の2枚は、あえてモミジにピントを合わせてみました。

 このへんでちょっとお花の写真も載せたいかな‥。
a0230008_6301047.jpg

a0230008_6305952.jpg

a0230008_6313919.jpg

↑↑上の3枚は場所が突然とびますが、北川村モネの庭です。

a0230008_6341178.jpg

 ↑↑これは祖谷のかずら橋のすぐ近くに咲いていたシュウカイドウ?(違うかな‥)のピンクの花。雨露にぬれてきれいでした。 
 次はすぐ近くを流れる、四国三郎とも言われる清流、吉野川の写真を。高知県のも徳島県のも混ざっていますのであしからず。
a0230008_627744.jpg

a0230008_628546.jpg

a0230008_6284429.jpg

 そして、この夜、大豊町の大田口辺りでちょうど、お彼岸の風物詩である施餓鬼が行われていました。灯籠やぼんぼりを吉野川の急流に流し、お盆で各家に帰ってきていた亡くなった人たちの魂を、再び向こうの世界へと戻らせる伝統行事です。今年は川が雨で増量していて、灯籠の屋形船?を組む地域の人たちも大変な様子。それでも赤い灯をゆらゆらさせながら、ぼんぼりが次々に川を下っていく光景は幻想的で、居合わせて良かったと思いました。
a0230008_6431643.jpg

a0230008_6442164.jpg

a0230008_6445789.jpg

a0230008_6452366.jpg

 そんなわけで、今日はもう9月も3日。今年の夏ももう終わってしまい、2度とかえってくることはありません。寂しいですが、秋も大好きな季節なので楽しみです。ではでは。寝れるかな;;
人気ブログランキングへ  
 
[PR]
by hirotomo0301 | 2012-09-03 06:50

21年間続けた一地方紙の記者の仕事から足を洗い、2カ月半の世界13カ国周遊1人旅から帰ってはや半年。過去の日々を振り返りつつ、次の一歩を模索していきます。


by hirotomo0301
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite